学術集会・セミナー

2022.01.07 UPDATE

日本慢性疾患重症化予防学会 第8回 年次学術集会 ONLINE

第8回年次学術集会 テーマ
『重症化予防のパラダイムシフト』

 

2022年2月13日(日)-午前の部- 9:30~12:30

 

9:30~9:40 代表理事 挨拶

『重症化予防のパラダイムシフト』
①透析予防は病院から地域への展開の時代になる
②急性疾患でも重症化予防は必要である

JMAP代表理事 平井 愛山

 

9:40~11:30 シンポジウム「重症化予防(1)透析予防は新たなステージへ:病院から地域への展開」

基調講演:『重症化予防政策の意義と糖尿病性腎症重症化予防のネクストステージ』

JMAP理事 松本 洋

シンポジウム① 腎保護薬の進歩と透析予防の向上
「多用量GLP-1受容体作動薬の導入と透析予防の向上」

皆野病院 内科 後藤 敏夫
千葉県循環器病センター 看護局 赤坂 さゆり
大館市民病院 内科 阿部 高大

シンポジウム② 糖尿病透析予防の地域展開に向けて:病院から地域へ(専門医から非専門医への展開を目指して)
イントロ『病院から地域への展開の鍵は、病診連携と技術移転の定期的勉強会』

JMAP代表理事 平井 愛山

「地域連携を基盤にした透析予防から地域への展開へ」

大館市立総合病院 内科 池島 進
コスモス病院 内科 近藤 誠哉
入江病院 内科 清水 匡
市立八幡浜総合病院 内科 酒井 武則

 

11:30~12:30 シンポジウム「重症化予防(2)フレイル・サルコペニアの重症化予防の新展開

1. 低塩分高タンパク食品の活用でフレイル防止の実践

千葉県循環器病センター 栄養科 石橋 裕子

2. 在宅療養者の嚥下性肺炎重症化予防の取り組みと成果

千葉県立佐原病院 看護局 塚本 文香

3. InBodyを活用した地域住民のフレイル・サルコペニア対策

皆野町役場 健康こども課 梅津 順子

 

2022年2月13日(日)-午後の部- 12:30~15:45

12:30~13:30 ランチョンセミナー「経口GLP-1受容体作動薬の開発とその臨床活用」 共催:ノボ ノルディスク ファーマ(株)

ノボ ノルディスク ファーマ(株) サイエンティフィック スポークスパーソン 二宮 一敏

 

13:30~14:30 ポスターセッション

1. SGLT2阻害剤の腎保護作用について

自治医科大学さいたま医療センター 腎臓内科 平井 啓之

2. 透析予防の院内展開の取り組みとその成果

千葉県循環器病センター 看護局 湯浅 めぐみ

3. 新型コロナワクチンの接種状況から見えてくる、重症化予防の新たな視点と解決策

千葉県立佐原病院 訪問看護ステーションさわら 林 和子

4. 透析予防と連動したフレイル・サルコペニア重症化予防の取り組み

皆野病院 看護部 山崎 玉枝・栄養科 新井 香織

 

14:30〜15:45 COVID-19の波を越えて

①14:30〜15:30 特別講演『新型コロナは人類に何をもたらしたか?』

国立研究開発法人 量子科学技術研究開発機構(量研/QST)理事長 平野 俊夫

 

②15:30~15:45 Closing Remarks『重症化予防は第二のステージへ』

JMAP代表理事 平井 愛山

開催日時 2022年2月13日(日)
時間 9:30〜15:45(Zoom入室開始:9:00)
会場 オンライン開催(Zoom使用)
定員 100名
参加費 無料
受付期間 定員に達しましたので、受付を終了いたしました。

※学術集会の参加に関するお問い合わせは、サイトのお問い合わせフォームよりお願いいたします。
※学術集会(Zoom)のURLは2月10日(木)以降に、ご登録いただいたメールアドレスにご案内いたします。
備考 ※JMAPの会員の方は、後日演者資料をHP内で閲覧できます。また、JMAPの会員でない方は、視聴のみのご参加となります。質問や発言はできませんので、あらかじめご了承ください。

終了致しました

会員限定 学会誌(オンラインジャーナル)

入会のご案内

当学会は会員を募集しております。学術集会・セミナーへの参加、会員限定コンテンツなど、会員のみに共有させていただく情報も多くございますので、ぜひ当会の趣旨をご確認の上、会員登録をお願いいたします。

会員登録する

ページトップ